×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

music by Sora Aonami



呟く螺子から零れた泪(呟く泪から零れた螺子)


鏡に映る二人は静と動。(何も出来ないで。)

片方はキレイなものしか見えず、(この手から零れていく。)

もう一方は醜いものが見える。(大事なもの、全部、全部。)

ソンナ筈ハナイ。

互いに似たもの同士で、鏡に映る互いは(すべてを放棄すれば楽になれる?)

もう一人の自分。(…だけど違う。)

「あなたがキレイなものしか見たがらないから

キレイなものしか見えない。」

この腕を鏡に映る君に(糸をピンと張り詰めて)

触れようと手を伸ばせば、(痛むのを気にも留めず、)

機械仕掛けの腕は軋む。(切れないように、強く、強く)

ソンナコトハナイ。

初めて生まれ落ちる愛しさに(湧き出るのは負の感情。)

腕がすくんでいるだけさ。(それでも微笑って)

囁く声はか細く、痛みは針を刺すかのよう。(悟られない様に。)

諦めかけた蜻蛉は(翼を広げ飛び立つ鳥は)

「残像に眩んで何も見えてない、」

一瞥する。(一瞬怯む。)

だったら壊してしまおう。(さぁ、早く行ってしまえ)

夜が明ける前に。(後ろを振り向かず。)

すべての秘密を(毀れたココロは)

青白い月に(声にならない助けを)

隠して。(求めて。)

「大嫌イ」